ゴミ箱を減らすという選択、持たない快適な暮らし

SPONSORED LINK







 

我が家のゴミ箱は2つ。

キッチンと物置収納に1つずつ。

リビング等の生活スペースにはゴミ箱は置いていません。

生活する上で出るゴミはすべてキッチンにあるゴミ箱に捨てるようにしています。

ゴミ箱を減らすと、暮らしはとても快適になります!

 

キッチンのゴミ箱は小さいサイズで十分

 

 

使っているゴミ箱は、ブラバンシア(Brabantia)ペダルビン12L。

ゴミ箱としては決して安くはないけれど、このデザインが気に入って長い事愛用しています。

(今はペダルまで白いタイプってないのかな?)

お手入れがしやすいのもお気に入りポイント!

サイズは12Lと大きくはありませんが、週2回、可燃ゴミの日があるので一杯になるという事はほとんどないです。

プラスチックではないのでフタもしっかりと閉まり、におい漏れもほとんど気になりません。

 

物置収納のゴミ箱

 

 

ここには45Lの大きめのゴミ箱があります。

主に生ゴミやちょっと大きいゴミなどを捨てる用にしていて、

可燃ゴミの日には、キッチンのゴミをここにまとめて出すといった流れ。

不燃ゴミと資源ゴミもこのスペースにまとめています。

不燃・資源ゴミは月2回の回収ですが、我が家の地域はほぼ可燃ゴミとして出せるのであまり溜まることはないですね。

 

ゴミ箱を減らすメリットとは?

 

キッチンのゴミ箱にしかゴミは捨てないので、収集日に集める必要がない。

ちょっとした事だけど、朝の忙し時間に1つ作業が減るだけでも楽家事になります。

そして、ゴミ箱の数が少ないと洗うのも短時間で終わるので、時間が有効に使えます!

 

リビングにゴミ箱がない事により、掃除がラク!

掃除機やフローリングワイパーをかけるときにストレスがありません。

ちょっと退かすっていうのが意外と面倒なんですよね。基本めんどくさがり屋なので^^;

見た目にもスッキリするし、部屋も広く使えます。

 

また息子がまだ小さかった頃は、ゴミ箱を荒らされるという心配もありませんでした。

我が家は息子が産まれる前から今の状態だったので、ゴミ箱がない暮らしというのが息子には当たり前の日常となっています。

 

ゴミ箱を持たずに減らして、快適な暮らしを!

 

手の届く場所にゴミ箱があった方が便利なんじゃ?と思うかもしれませんが

その都度キッチンまで捨てに行くという事が習慣になってしまば、全く問題ありません。

また、ゴミをなるべく減らそうと意識するようになってきます。

物を買いすぎない、買わなければゴミは出ない。

 

ひとつひとつのモノを大切にし、ムダなモノは持たない。

それが持たない暮らしに繋がっていきます。

 

SPONSORED LINK