お風呂掃除を簡単に!毎日の拭き取りでカビ・水垢を予防しよう!

SPONSORED LINK







 

家事の中でもお風呂掃除って面倒に感じませんか?

夏は暑くて汗だくになるし、冬は寒くて億劫だし・・・

でもお風呂は常に清潔にしておきたい場所。

毎日のちょっとしたひと手間で、お風呂掃除を楽にする方法をご紹介します。

 

ハンドタオル1枚で!お風呂のカビ・水垢を予防!

 

そもそも、カビや水垢の原因はお風呂の湿気ですよね。

湿気が多いと黒カビが発生したり、水滴を放置すると水垢になったり。

なのでその水分を除去することが大切。

そこでおすすめなのが、毎日のお風呂後に水分を拭き取ること!

 

 

使うのはハンドタオル1枚のみ!

このタオルでお風呂の床や壁などすべてを拭き上げていきます。

ちなみにタオルは薄手の方が絞りやすくておすすめ。

 

よく水気取で使われる、スクイージーってありますよね。

私はスクイージーは使いません。

広い壁面にはとても便利かもしれませんが、壁の途中には障害物(フックやバーなど)があったりするし

細かいところはタオルで手拭きするのが楽かな。。と感じるので。

 

拭いていく順番は?

 

私なりの拭いていく順番です。

まずは蛇口部分から。

まだタオルが乾いた状態で蛇口部分を水滴がのこらないように拭いていきます。

蛇口がステンレスの場合、ピカピカに拭き上げておくと、とても清潔感がでますよ!

 

 

蛇口がきれいになったら次は鏡も同様に拭きます。

 

 

タオルが乾いた状態でこの2つの部分を拭くのがポイント。

濡れたタオルだと、どうしても拭き跡が残ってしまうので。

この2つの部分に水垢がつくと、後で落とすのが大変になります。

 

蛇口と鏡が終われば、壁⇒窓・ドア⇒カウンター⇒床と拭き進めていき、

途中で椅子や桶、シャンプーやリンスのボトルの水分も拭き取っていきます。

タオルはこまめに絞りながら進めてくださいね。

天井は届く範囲で拭き取ればOKとしています。

 

お風呂掃除は週1,2回でOK!

 

毎日のお風呂の終わりにこのふき取りをしておけば、掃除の頻度は週に1,2回でも全然OKです。

「毎日水分を拭き取るのって大変そう・・・」と感じるかもしれませんが、

作業的には5分~10分かからない位で終わります。

水分を放置して、たっぷりとカビや水垢がこびりついてから掃除する方が

よっぽど手間だと私は感じるので、ずっとこの方法を続けています。

 

水垢がつきにくくなるのは本当に実感しています。

 

以前、ハウスクリーニングの方がいらした時に、

我が家のお風呂を見て「こんなにキレイなお風呂は初めて!」と驚かれていました。

ハウスクリーニングの方も水気を拭き取ることはとても大事なことだとおっしゃっていました。

それ位にこの方法はお風呂を綺麗に保てるし、

お掃除のプロの方に褒めて頂けた事が、とても嬉しく自信にもなりました^^

 

毎日のちょっとしたひと手間で、日々の家事を楽にしていきましょう!

少しでも参考になれば嬉しいです!

SPONSORED LINK