子どものアレルギー・乾燥肌対策に!入浴方法を見直そう

SPONSORED LINK







私の息子は、食物アレルギー、花粉症がありさらに軽度のアトピーのせいか肌の乾燥がひどいです。

スキンケア方法はいろいろと試してきました。

効果があるもの、ないものさまざまありましたが、

その中で我が子に合った方法の一つを今回はご紹介します。

 

毎日の入浴が乾燥肌を悪化させていた!?

 

息子がまだ赤ちゃんの頃は肌の乾燥がひどく、どうしたらいいのかと途方に暮れていました。

スキンケア用品も色々と試し、肌の状態が良くなったり悪くなったりを繰り返す日々。

病院に行けば塗り薬を出されます。

でも私はどうしても薬で症状を抑えることに抵抗があり、

なにかいい方法があるはず!と時間がある限りで本当にたくさん調べました。

 

そんな時に知ったのが、毎日お風呂に入れない、子どもの肌を洗いすぎないという方法。

皮脂の洗いすぎがさらなる乾燥を引き起こすというのです。

 

子どもの皮膚は大人に比べて薄く、保湿機能も未熟。

そんな状態で毎日お風呂に入って石けんで肌を洗っていたら、乾燥肌はどんどん悪化します。

なのでまずは今までの入浴方法を見直してみようと、実践してみることに決めました。

 

入浴は週に3日。ボディーソープとシャンプーもやめてみた!

 

 

まずは毎日の入浴を週3日に減らしてみました。

そして体や髪の毛はボディーソープとシャンプーは使わずに

お湯のみで流すというのをしばらく続けていく事に。

 

しばらくこの入浴方法を続けていくと、明らかに肌の状態がよくなっているのが分かりました。

乾燥で赤くなっていた肌もだんだんと落ち着いてきたのです。

ボディーソープとシャンプーを使わなくても髪の毛や頭皮もべたつくこともなく

意外とお湯だけでも大丈夫なんだな~と^^

2,3週間くらい続けていくと、乾燥はだいぶ改善されてきました。

 

だた、おしりだけは毎日お湯で流していました。

特に赤ちゃんの頃はおむつかぶれも心配なので。

でも湯で流すのみです!そして保湿ケアもしっかりと!

 

ボディーソープとシャンプーの使用を再開

 

しばらくお湯のみの入浴で、乾燥肌はかなり改善されてきたので

ボディーソープとシャンプーの使用を再開しました。

使用は週に2回のみ。やはり洗いすぎないことが大事なので。

週2回程度の使用に抑えることで、以前のような乾燥を引き起こすことはなくなりました。

もちろん、お風呂上がりには保湿ケアをすることが重要です!

 

花粉の時期と夏場の対処法

 

基本、花粉の時期と夏場は毎日の入浴です。

入浴といってもシャワーで洗い流す程度。

特に花粉はしっかり流さないと、さらなるアレルギーを引き起こすので。

夏場は汗を流す程度で十分。石けん類も今まで通り週2回のみです。

 

現在の息子の肌の状態は?

 

この入浴方法を始めたのが、生後6か月くらいでしたが、今は小学1年生に成長^^

肌もかなり丈夫になり、入浴はほぼ毎日になりました!

年齢が上がっていくと、肌も少しずつ丈夫になっていっているように感じます。

ただ、せっけん類の使用はずっと週に2回程度に。

冬の空気が乾燥した時期と、花粉症シーズン中には少し肌荒れもしますが

大きな肌荒れもなく、毎日過ごすことができています!

 

もちろん入浴だけではなく、スキンケア方法だったり食事内容に気を付けるのも大事。

アレルギーがあるのは仕方がない。自分自身を責めてもなにも改善しない。

この状況にどう向き合って、乗り越えていくのか、だと思います。

まあ、私自身はかなり泣いてきましたが^^;

 

今回ご紹介した入浴方法は、特別な道具もいらないし、お金もかかりません^^

試してみようと思ったら今日からでもすぐに実践できます。

ボディーソープとシャンプーの使用を減らすだけでも違うんじゃないかな。

 

では!

SPONSORED LINK