ズボラさんにもおすすめ!クイックルワイパーハンディで掃除がラクに!

SPONSORED LINK







 

毎日キレイに掃除していてもいつのまにか溜まるホコリ。

気付いたらすぐに掃除したい!そんな時に便利なのがハンディモップです。

ハンディモップにも色んな種類があるけど、私がおすすめするのが使い捨てタイプ。

今回は私が愛用している「クイックルワイパーハンディ」の魅力をご紹介します!

 

無印を手放しクイックルを選んだ理由

 

今まで使っていたハンディモップは無印良品の洗ってくり返し使えるというもの。

使い捨てではないのでエコだし、コストもかからないし、見た目もシンプルで良かったのですが

ズボラで面倒なことがキライな私には、洗うというのがストレスで…^^;それが原因で結局は使わないことが多くなっていき…

それなら多少コストがかかっても使い捨ての便利さを取ろう!と前々から試してみたかったクイックルワイパーハンディを選びました。

 

クイックルワイパーハンディの3つ魅力

 

①柄が伸び縮みする

私が使っているのは「クイックルワイパーハンディ 伸び縮みタイプ」

最長で1mまで好きな長さに伸ばして使えます。

高いところまでラクに届くので、天井や壁なども掃除がしやすい。

これから購入してみようかなという方は、ぜひ伸び縮みタイプが断然おすすめ!

 

②ヘッドの角度が変えられる

ヘッド部分は4段階に角度が変えられます。

掃除したい場所によって角度を変えれば、無理な体勢をとることもなくスムーズに掃除ができます。

 

③シートが優秀!

全面シートになっていて、360℃どの面でもホコリが取れます。

なので平面はもちろん、狭い隙間やテレビの裏の配線部分などもスッキリとホコリが取れちゃいます!

ホコリもしっかりキャッチしてくれて、まさに「からめとって離さない」を実感^^!

ハンディモップにとって一番重要なのはホコリをしっかり取って舞い散らない事だと思うので

その点ではこのクイックルのシートはとても優秀だと感じました。

 

クイックルワイパーハンディでの私の掃除方法

 

伸び縮みタイプはいろいろな所の掃除に便利に使えます。

例えば普段あまり意識しない壁のホコリ。意外と天井近くなどにホコリが溜まっているんですよ。

 

 

そんな時は、柄を伸ばせば高いところもラクラク届くのでサッとひと拭き。

シートがホコリをしっかりキャッチしてくるので、舞い散る心配もなし。

 

もう一つおすすめなのが、冷蔵庫の上。

冷蔵庫は食品を保管しておく場所なので、こまめにキレイにしておきたい場所。

 

 

柄を伸ばしヘッドの角度も調整すれば、踏み台がなくても簡単に冷蔵庫の上のホコリが取れます。

 

掃除道具選びはモチベーションupにもなる!

 

 

毎日の家事を少しでもラクにするには道具選びも重要。

使い勝手のいい道具があれば時短にもなしる、こまめに掃除をする習慣が付けばホコリも汚れもため込むことがなく

結果としてラク家事につながります。

ハンディモップは私にとって手放せない掃除道具の一つになりました。

面倒くさがり屋だけど、部屋は常にキレイに保っておきたいのです^^

なんでも持たないのがいいのではなく、自分にとって必要なモノをきちんと見極めるのが重要。

 

少しでも参考になれば嬉しいです♪

 

モノトーン好きさんにおすすめなブラックもあります!

インテリアに合わせやすそうですね!^^

SPONSORED LINK